W3C標準XHTMLコーディングサービス|コーディングを外注するなら、いいコーディング.jp

いいコーディング.jpとは

コーディング方法

Wed標準に準拠したXHTML+CSSレイアウト

XHTML+CSSレイアウトは、テキストデータを記載したHTMLファイルとデザイン要素(CSS)を記述したCSSファイルと別ファイルとして切り離すことができます。

デザイン要素をXHTMLファイルから切り離すことにより、HTMLファイル内のテキストしか読み取らない検索ロボットは、余計な記述が少ないのでファイル内のテキストが拾いやすくなるのです。

最近では、各ブラウザのCSSの解釈違い(バグ)も緩和されてきたので、大幅に表示が崩れてしまうこともありません。

いいコーディング.jpでは、特にお客さまからの指定が無い限り、XHTML+CSSレイアウトを基本としています。

XHTML+CSSレイアウトイメージ

ハイブリッドレイアウト

tableレイアウトが基本だった数年前からCSSレイアウトに移行していく時期によく使われていたコーディング方法です。

SEO対策には最適なCSSですが、若干弱点もあります。 それはデザインを完全に表現できないことがあるということです。

例えば、デザイン上メインコンテンツの高さに限らず、フッタ-を下付けにしたい-という場合、まったく解釈できないブラウザがあるので、それを優先してしまうと利用環境が限られてきてしまいます。

デザインを最優先する場合に使用します。

ハイブリッドレイアウトイメージ

テーブルレイアウト

最近の新規案件ではめっきり見なくなりましたが、WEB制作パートナー会社(外注)を数多く持ち、毎月何百という単位の案件を扱う会社様などは、管理の面やクオリティーを一定に保つため、未だテーブルレイアウトを使用することがあります。

SEO対策には向かないテーブルレイアウトですが、だからといってまったく検索にヒットしないというわけではありません。

SEO対策がしっかりと施されていれば、テーブルレイアウトでも上位に表示することは可能です。

テーブルレイアウトをご希望のお客さまは、SEO対策ツール.comをご利用になることをオススメいたします。

テーブルレイアウトイメージ

ページの先頭へ

お見積りフォームはこちら

お問い合わせフォームはこちら

お急ぎの方は、株式会社アイ・ティ・ネット045-410-4730までお電話ください。受付時間は平日10時から19時です。

全国どこからでも対応可能!

全国どこからでもお申し込みいただけます。

作業指示等は、メールやFAX、電話等で俊敏に対応させて頂きます。

Valid CSS!

Valid XHTML 1.0 Transitional

  • はてなに追加
  • MyYahoo!に追加
  • del.icio.usに追加
  • livedoorClipに追加
  • Googleに追加
  • Technoratiに追加
  • Buzzurlに追加
  • Diggに追加
  • Bloglinesに追加
  • DRECOMに追加
  • niftyクリップに追加
  • pookmarkに追加
  • pingkingに追加
  • Choixに追加